MENU

飲む日焼け止めは肌に優しく手間がかからない

飲む日焼け止め案内人のイラスト

 

2016年に入り人気急上昇中なのが飲む日焼け止めです。

 

塗るタイプの日焼け止めに比べ肌に優しく、塗りなおしの手間がかかりません。

 

数時間置きに塗りなおさなければ・・・
汗をかくから塗れない・・・
臭いが気になる・・・

 

飲む日焼け止めには上記のような心配をする必用はなく、また肌に負担を与えるような心配をする必用がないのですね。

 

知らない人も多いですが、日焼け止め自体は肌に負担を与えてしまいます。また、化粧をしたうえとなると毛穴を塞いでしまうのでニキビの心配もしなければなりません。しかし紫外線のダメージを考えれば塗らないよりはましなのは間違いありません。

 

そのため、敏感肌の人や脂性肌の人はどれを利用するかは気おつけなければなりませんでした。しかし、飲む日焼け止めはサプリメントとなり、肌への負担がないどころか美容成分も同時に配合しているものも多く、効果もあると口コミでも評判となったので紫外線対策として人気となっています。

 

飲む日焼け止めの効果は?

 

多くの飲む日焼け止めにはニュートロックスサンと呼ばれるローズとシトラスから抽出がされた天然ポリフェノールが配合されています。このニュートロックスサンには活性酸素をコントロールし炎症を抑える効果があります。

 

紫外線には「UVC」、「UVB」、「UVA」と呼ばれる3つの波長があるのですが、UVAとUVBの2つが肌に影響を与えていると考えられています。

 

UVAには活性酸素を発生させメラニン色素を黒くする働きや真皮ウのタンパクを破壊するので、シワやタルミの原因となっています。
UVBは短期間で肌を赤くさせたりメラニン色素を生成するのでシワやそばかすの原因となっています。

 

そのため飲む日焼け止めには活性酸素をコントロールし、炎症を抑える効果があるニュートロックスサンが必用となるのですね。UVケアの最新の成分となるのです。

 

ただ、注意をしなければならないのはローズやシトラス成分を摂取すれば効果があるって訳ではありませn。ニュートロックスサンは細胞生科学で権威のあるニコル博士とモンテローザ社が10年以上かけて研究がされた成分となります。

 

スペインの強い紫外線を浴びることで抗酸化作用が高まったシトラス果実ローズマリーの葉を特殊な配合で混ぜて作られているので、特殊な成分となるのです。

 

飲む日焼け止めは口コミでも効果があったと話す人が多く、塗りなおしの手間が全くかからないので利用者が増えているのですね。

 

2015年に人気だったのがヘリオケア

 

飲む日焼け止めは2016年になって急激に利用者が増えるのではないかと考えられています。

 

2015年ごろからヘリオケアやPABAと呼ばれるスペインで作られている製品を利用する人が少しづつ増えてきました。日本では販売がされていなかったので個人輸入で購入する必要があったり、一部の皮膚科などで販売がされている程度だったので少しづつ口コミで広まっていく程度でした。

 

購入をする為にも手間がかかったり、輸送のコストもかかるので費用も高かったのですね。効果があったと口コミも見かけられるようになったので少しづつ利用者も増えていきました。

 

ただ、2016年には日本でもニュートロックスサンの成分を配合した飲む日焼け止めが開発され販売がされるようになりました。そのため、利用者がどんどんと増えてきており、メディアなどに取り上げられるようになっています。

 

今後、人気は急上昇して液体タイプから飲むタイプが主流になるのではと思います。

 

おすすめなのは日本製の飲む日焼け止め

 

ヘリオケアは海外製の為、まがい物が出回るなどのこともあるみたいです。

 

その点、日本製であればきちんと安全基準をクリアしたものを安心できる場所から購入することができます。

 

また、病院で購入する必用もなければ、個人輸入をする必用もないので簡単に購入することができるので手間が全くかかりません。日本製の飲む日焼け止めとしては「雪肌ドロップ」「ホワイトベール」「ノーブ(nouv)」が人気となっています。

 

ただ日本製でもニュートロックスサンが配合されていない飲む日焼け止めも販売がされているので、本当に効果のある成分が配合されているかの確認はした方が良いです。

 

手間がかからない、購入が簡単、安心できると3拍子揃っているので飲む日焼け止めでおすすめなのは日本製のとなります。